品質・安全・環境

品質・安全・環境

品質方針 開かれた食品づくり

日本ハム惣菜株式会社では、品質マネジメントシステム(ISO9001)をニッポンハムグループ内で最初に認証を受けました。続いて環境マネジメントシステム(ISO14001)、労働安全衛生マネジメントシステム(OHSAS18001)を認証し、ニッポンハムグループ内での初の「品質・環境・安全」の3つの柱となる認証を全事業所で取得しております。
そして新たに食品安全マネジメントシステム(ISO22000・FSSC22000:全工場)(JFS-C:宮崎工場)の認証を受け、今まで以上にお客様に安心・安全な商品をお届けするために食品安全の維持・向上に努めてまいります。

ニッポンハムグループでは、開かれた食品づくりを実現するために、独自の品質保証体制を推進しています。

品質の取り組み

品質管理体制
食品安全マネジメントシステムを活用して、原材料から製品出荷までのフードチェーン全体での適切な管理を行い食の安全を確保しております。また、定期的に全従業員へアレルゲン教育、衛生管理教育を実施し、製造に携わる従業員への理解を深めております。
専門家の認定
ニッポンハムグループでは、品質技術向上のため独自の試験制度で専門家の育成を行っております。〈異物検査機器〉〈微生物検査〉の各分野において、e-ラーニング、筆記・実地試験をクリアした社員がそれぞれ専門家として認定されております。全国でも数少ない専門家が複数名在籍しており、高い知識・技術にて製品の品質を管理し、安全・安心な商品をお届けしております。
おいしさへのこだわり(FT-CCP)
ニッポンハムグループでは、お客様が期待される商品特長(鮮度と美味しさ)を実現するために、特に重要な製造工程のポイントを数値化し、厳密に管理しております。この取り組みをFT-CCP‹Fresh & Tasty Critical Control Point〉と呼び、鮮度と美味しさを重点的に管理し、安定した美味しさを実現しております。
各委員会の設置
各工場にて毎月〈品質保証委員会〉や〈品質向上委員会〉を開催し、お客様から頂いたご指摘の状況確認や対策、現在販売している商品の更なる品質向上のため、様々な部署が集まって意見交換や提案をしています。

安全

労働災害の防止、従業員の健康の増進及び快適な職場環境の形成の促進を図るため、今後も継続的な改善活動に取り組んでいきます。万が一の緊急事態に備え、様々な模擬訓練や教育活動を実施しております。交通安全教育、心肺蘇生法教育や、消防署の方からご指導いただき、全体での総合消防訓練等、実践的な訓練を行っております。

※OHSAS 18001の認証取得(全工場)

防火訓練

交通安全教育

心肺蘇生法教育

環境

【自然の恵みに感謝する】 これは、ニッポンハムグループの環境活動の基本となる考え方です。私たちは、地球という環境が作り出した自然の中で、牛や豚、鶏などの生命を育み、その生命の恵みを頂いています。生命を育む自然を守り、生命の恵みを余すことなく大切に活かすことが私たちの責任と考えています。

※ISO 14001の認証取得(全工場)

地域貢献活動の一環として、工場周辺の清掃活動を実施しております。
今後も引き続き地域の美化活動に貢献できるよう、積極的に取り組みを継続してまいります。

SDGsについて

持続可能な社会への変革にむけ、世界共通の長期(2030年度)目標「SDGs」(=Sustainable Development Goals)が策定されました。当社においても積極的に取り組み、持続可能な開発目標(SDGs)の実現と持続可能な社会の構築に繋げてまいります。

持続可能な開発目標(SDGs)とは

SDGsは、2015年9月に国連で採択された17の目標と169のターゲットからなります。2030年までに達成すべき目標として、地球規模の優先課題や世界のあるべき姿を明らかにしています。地球の限界を超えない範囲に収まり、貧困を終わらせ、誰もが尊厳があり平等に機会が得られるような人生を送ることができるよう、経済、環境、社会分野の3つの側面に対応する目標やターゲットを定め、政府、企業および市民社会に対して、全世界的な行動を要請しています。 

ページトップへ戻る